自分の情報は与え過ぎないようにしています

自分の情報は与え過ぎないようにしています

部屋の外の様子を見られないようにするのは、どこに住んでいるかをお客さんに特定されないようにする、基本中の基本です。
その他にも、ふとした会話から個人情報が引き出される場合があります。
例えば、最寄駅のことや出身校、よく買い物に行くお店や参加するイベントのことなど…。ちょっとしたことから、個人を特定される可能性は多くあります。
また、その会話は一人のお客さんとだけではなく、複数のお客さんに覗かれているということをお忘れなく。

 

顔出しはリスクを考えて行いましょう

 

アダルトライブであれば、ある程度年齢が上でも顔を出さなくても、一定のお客さんがつきます。工夫次第で稼ぐことができるということです。
システムによって、チャットレディもお客さんも個人を特定されないようになっているとはいえ、大きなリスクを伴っていることを忘れないようにしましょう。
サービスの一環で、チャットレディとのやりとりを動画に残しておくことができるサービスを提供しているところもあります。
また、そうでなくても無断で録画しているお客様もいるのです。
顔出しをしているところを撮られて、それがウェブ上で公開されたらどうでしょう?
知り合いの目に触れるかもしれません。そのようなリスクを踏まえたうえで、マフォーマンスを行うようにします。

関連ページ(ライブチャットで気をつけていること)

部屋の外が見えないようにしています
部屋の外が見えないようにしています。外からの音も聞こえないようにしています。
自分の情報は与え過ぎないようにしています
自分の情報は与え過ぎないようにしています。顔出しはリスクを考えて行いましょう。
常に変化をつけるようにしています
常に変化をつけるようにしています。背景にも細やかな配慮をするようにしています。