部屋の外が見えないようにしています

部屋の外が見えないようにしています

ライブチャットのお仕事を自宅で行っている場合、気をつけていることが何点かあります。
スタッフの人にもアドバイスいただきますが、意外と抜けているところもあるので、注意しましょう。
ひとつは、部屋の外が見えないように工夫することです。
小さなウェブカメラですが、意外と部屋の隅々まで見えることがあります。
ふと、部屋の外が見えてしまうと、自分がどこに住んでいるのか特定されてしまう場合があるので注意しましょう。
ライブチャットを始める際には、窓がカメラに入らないようにすることも一つの手です。
どうしても入ってしまう場合には、カーテンを閉めることを忘れずに。

 

外からの音も聞こえないようにしています

 

ウェブカメラと同様に、マイクもとても感度の良いもの最近では安価で手に入れることができます。
そのため、窓を閉めていても外からの音が入ってしまう場合があるのです。
そんな大きな音、あるわけがないと思っていませんか。
意外と、選挙のお願いコールは入ってしまうようですよ。
立候補者の名前から、選挙区が分かってしまい住んでいるところが特定される危険性もあります。
そんな雑音から、確かに素人がしている証拠として喜んでくれるお客さんもいますが、やはり危険であることには変わりありません。

関連ページ(ライブチャットで気をつけていること)

部屋の外が見えないようにしています
部屋の外が見えないようにしています。外からの音も聞こえないようにしています。
自分の情報は与え過ぎないようにしています
自分の情報は与え過ぎないようにしています。顔出しはリスクを考えて行いましょう。
常に変化をつけるようにしています
常に変化をつけるようにしています。背景にも細やかな配慮をするようにしています。